村上春樹の短編小説「女のいない男たち」に出てくる音楽たち

2005年の「東京奇譚集」以来、9年ぶりの短編小説ということで「1Q84」とか「ねじまき鳥クロニクル」などの長編が好きな私としては村上春樹の新しい世界をのぞけるのかと、とても楽しみに読み始めました。

もっと続きが読みたいと思ってしまうのが村上春樹ワールドですね。
「まだ続きがある」という部分でストーリー終わってしまう。
この続きはこうなるんだろうなとか自分なりの想像力が膨らんでくる。
各人がそれぞれの想いで読み想像する。
あらためて本っていいなあと思えました。

「女のいない男たち」には、6編の物語が入っています。

ドライブ・マイ・カー
イエスタデイ
独立器官
シェエラザード
木野
女のいない男たち

たくさんの音楽が出ていたので通勤電車でiphoneのyoutubeでその音楽たちを検索し、小説を読みながらそこに出てくる音楽を聞いていました。

ドライブ・マイ・カー
弦楽四重奏 ベートーヴェン Beethoven Quartet op 18 no 1

イエスタデイ
ライク・サムワン・イン・ラブ Like Someone In Love


イエスタデイ The Beatles – Yesterday

独立器官
165マイ・ウエイ My Way-Frank Sinatra

木野
ジェリコの戦い コールマンホーキンス Coleman Hawkins Joshua Fit The Battle Of Jericho


ジョージア・オン・マイ・マインド Georgia on my mind — Billie Holiday

エロール・ガーナー ムーングロウ Erroll Garner Trio – Moonglow

バディー・デフランコ 言い出しかねて I CAN’T GET STARTED
http://youtu.be/s9zLKcmShpc
ベン・ウェブスター マイ・ロマンス Ben Webster – My Romance

女のいない男たち
フランシス・レイ 白い恋人たち 13 Jours en France Francis Lai
http://youtu.be/J_q8b7__Gjg
パーシー・フェイス 夏の日の恋 A Summer Place Percy Faith


ムーン・リヴァー ヘンリー・マンシーニ Moon River Henry Mancini

ここに出てくる音楽たちを村上春樹氏が聞いている音楽なんだと想像しながら聴いていると小説にもどっぷり浸れてしまうのです。