小笠原道大、巨人から中日へ移籍で復活なるか。

Sponsored Links

今年もプロ野球開幕の時期がきました。

とてもワクワクします♪

私はずっと中日ドラゴンズファンのため、昨季から今季にかけて主要人に大きな変動がありました。

1、落合博満GM誕生

2、谷繁監督誕生

3、小笠原道大、中日に移籍

 

私の中ではこの3つが大きな出来事です。

その中でも日本ハム時代から好きだった小笠原道大選手が中日に来たことは、とても嬉しい出来事でした♪

小笠原選手の3大印象

1、ひげ
2、フルスイング
3、2番打者なのに30本塁打

(勝手なイメージです。)

小笠原道大選手主なタイトル

小笠原選手の今まで獲ったタイトルは、

首位打者 2回(2002年、2003年)

ホームラン王 1回(2006年)

打点王 1回(2006年)

最多安打 2回(2000年、2001年)

MVP 2回(2006年、2007年)

プロ野球選手17年間の通算は、

安打2080安打、ホームラン377本、打点1143打点、通算打率.311

ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞6回など、数々の輝かしい成績を残しています♪

まさしく日本を代表する野球選手♪

たとえ、ここ3年成績が悪かったとはいえ、中日にとっては来てもらって良かった!と必ずなる結果になることは容易に想像できます♪

在籍は、日本ハムが10年、ジャイアンツが7年です。
小笠原道大ホームラン集がありました。


個人的には日本ハム時代が一番好きです。
まだまだクリーンアップで頑張れるでしょう。

小笠原選手を手放したジャイアンツを後悔させてやりましょうー

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*