トレッドミルと野外ランニングのメリット・デメリット

Sponsored Links

トレーニングジムに行くと一番人気が高いのがトレッドミルです。マシン系よりもたくさんの方が利用しています。

台数もかなりあります。雨の日でも室内でジョギングできる点が年代問わず人気の理由です。

野外でジョギングするより良い点が多くあります。今の季節なら寒くて外に出たくないくらいですがトレーニングジムなら快適な気温に保たれていますし、外なら交通事故の危険性もあります。

多くの方がイヤホンをして走ってるのを見かけるので危なっかしいなと思って見てます。さらに赤信号などで止まらなきゃいけないこともありません。雨が降ったら論外でしょう。通り魔や不審者に遭遇する危険性もあります。

トレッドミルは、野外でのジョギングとは違い、ベルトが廻ってくれるため地面を踏み込んで前に進む力があまりいりません。

さらに固いアスファルトとは違い、トレッドミルは衝撃を吸収する柔らかいゴム素材で出来ているので、負担が少なく怪我の心配が無い分、野外ジョギングで鍛えられる筋肉への強化が幾分弱くなります。
軽く汗を流したい程度の方なら良いのですが、マラソン大会のために鍛えてるような方にとって、トレッドミルの弱点は負荷が少なくなってしまうことでしょう。

しかしトレッドミルは傾斜をつけることで、登り坂をジョギングしているのと同じような負荷をかけることが出来ます。

ふくらはぎの筋肉UPにもなります。時々極端なくらい傾斜をつけてウォーキングしている人を見かけます。みなさん色々工夫をされてるなと感じます。

ところで今日トレッドミルでランニングをしてて困ったことがありました。それはオナラをしたくなったことです。。普段時速10km/hくらいのペースで走るのですがこのスピードだと速すぎてオナラの音を小さくもしくは無音にすることができません。

なのでオナラをしたくなったらすかさず時速6km/hあたりまで速度を下げます。そうすると歩けるペースなので左右のお尻を締め付ける力によりオナラを我慢することができます。

左右に利用者がいると結構近いのでばれます。万が一匂いがまあまあな場合、クサイ人と思われるのは嫌なので我慢する方を選びます。しかし今日は3分に1回くらいやばい状況を迎えたので走ったり歩いたりの繰り返しでなんか中途半端なトレーニングに終わってしまいました。

なんか話が逸れて「トレッドミル使用時オナラをしたくなった対処法」みたいになってしまいましたが、真冬の寒い時期はやはりトレーニングジムが良いなということでまとめます。(笑)

Sponsored Links

関連記事と広告