宅配効率のため政府が宅配ボックスに補助金を・・

Sponsored Links

政府が宅配ボックスに補助金を

ネット通販が増えたことによる物流業者の人手不足解消のため、受取人の不在時にも荷物を預けられる宅配ボックスの設置費用の半額を補助する制度を2017年4月より始めるとのことです。

政府が補助をすると聞いて驚きました。なぜならこれで一番喜ぶのは宅配業者だからです。もちろん宅配ボックスのないマンションに住んでる方も設置することになれば嬉しいことでしょう。そこら辺、説明していきましょう。

駅やコンビニにも宅配ボックス

あとマンションだけではなく、駅やコンビニにも宅配ボックスを設置するとのことです。コンビニに設置されれば家の近くや会社からの帰り道に受け取れるので嬉しいですね。

再配達は宅配業者も嫌でしょうけど受け取る側もかなり嫌なもんです。大体が12:00から14:00など2時間くらいの幅を取られます。

するといつ来るかわからないのでトイレに行くとかちょっと外に出たいとかが気軽に出来なくなります。しかも自分で頼んでるわけなので再配達で不在というわけにはいかないでしょう。

再配達という名の無駄だらけ

輸送料の2割は再配達に回り年間9万人の労働力が再配達のために費やされているのです。これは無駄ですね、効率が悪いです、運送会社のガソリン代も無駄、何度も来ることにより都心であれば渋滞の原因にもなる。

宅配業者が再配達する件数が増えればトラックの走行距離が伸び、二酸化炭素(CO2)排出量の増加につながる。宅配ボックスさえあれば・・・

宅配ボックスの設置目標

6月から順次工事を始め、1年間で首都圏の駅約100箇所で設置を目指すそうです。ITが進み、デジタル化の時代と言われてますが宅配に関しては昔と変わらない状況ですね。amazonはアメリカでドローンでの配達の実験を着々と進めております。

しかしマンションとかならドローンでどうするのでしょう?ベランダで受け取るとか?1階で受け取る?なんかイメージができません。雨が降ったら?他の人がたくさん通行してたら恥ずかしそう。1軒屋なら庭で受け取る?

Sponsored Links

しかし最近のamazonは「Amazon Echo」などノリにノってるので素晴らしいアイデアを提示してくれるでしょう。

以前Amazonが次世代郵便ポストQualを販売 日本郵便とナスタが共同開発という記事を書きましたが一軒家でメール便に対応するならこれがあると非常に便利です。

何れにしても政府主導ということもあり宅配ボックスが増える流れは進んで行きそうです。

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*