SBIFXトレードの積立FXでドルコスト平均法投資。毎月16000円8通貨積立,2019年2月末の結果!

Sponsored Links

SBIFXトレードの「積立FX」というものを2018.10.28からはじめたので約4ヶ月が経ちました。

毎日コツコツ積み立てていくという方法だと為替が激しい動きとか考えなくていいので、いわゆるほったらかしです。

現在、つみたてNISAをドルコスト平均法で毎日自動で購入しています。つみたてNISAは株式への投資ですが為替でも同じように積み立てできるものないかなと探していて見つけることができました!

Youtubeで、SBIFXトレード「積立FX」の公式動画がありました。「積立FX」ってどういうもの??という方はまずは3分くらいの動画をご覧ください。

投資の初心者でもうまくいくのか?実際に4ヶ月積み立てた結果報告になりますので、良かったら最後までごらんください^^

2019年2月末での積立FXの通算結果

先月まで6通貨で積み立てていたのですが、2通貨追加しました。「人民元」と「香港ドル」です。

ということで下記のとおり、8通貨に分散して積み立てています。8通貨とも毎月2000円の積み立てです。毎月16000円を積み立てています。

通貨 レバレッジ 購入残高
(外貨)
購入残高
(円)
購入平均
価格
評価価格 損益 スワップ
米ドル 3倍 220米ドル 24515 111.25円 111.41円 33 113
豪ドル 3倍 307豪ドル 24517 79.86円 78.96円 -276 75
NZドル 3倍 323NZドル 24518 75.67円 75.73円 16 68
カナダドル 3倍 292カナダドル 24517 83.89円 84.52円 184 81
人民元 2倍 231人民元 3799 16.40円 16.57円 38 1
南アフリカランド 2倍 2054南アランド 16347 7.95円 7.89円 -140 149
トルコリラ 2倍 777トルコリラ 16346 21.01円 20.65円 -282 504
香港ドル 2倍 269香港ドル 3799 14.09円 14.18円 22 1
合計 138358 -405 992

損益で一番優秀だったのは「カナダドル」、
スワップで一番優秀だったのは「トルコリラ」でした。

ちなみにこのままのペースで積み立てていくと、16000円×12ヶ月=年間192000円です。

2019/1月末時点での結果

通貨 購入残高
(外貨)
購入残高
(円)
購入平均
価格
評価価格 損益 スワップ
米ドル 166米ドル 18516円 111.56円 108.9円 -441円 69円
豪ドル 231豪ドル 18517円 80.18円 79.12円 -245円 45円
NZドル 244NZドル 18518円 75.70円 75.15円 -135円 42円
カナダドル 220カナダドル 18518円 83.96円 82.83円 -249円 50円
南アフリカランド 1556南アランド 12347円 7.93円 8.19円 396円 89円
トルコリラ 588トルコリラ 12347円 20.98円 20.85円 -78円 302円
合計 98763円 -752 597円

2018/12月末時点での結果

通貨 購入残高
(外貨)
購入残高
(円)
時価評価額 損益 スワップ
米ドル 113米ドル 12779円 12449円 -331円 37円
豪ドル 157豪ドル 12779円 12160円 -620円 21円
NZドル 166NZドル 12781円 12283円 -498円 21円
カナダドル 150カナダドル 12780円 12093円 -688円 24円
南アフリカランド 1070南アランド 8521円 8181円 -341円 44円
トルコリラ 401トルコリラ 8521円 8359円 -162円 150円
合計 68161円 65525円 -2640 297円

損益の推移

  • 2018/11月末:プラス419円
  • 2018/12月末:マイナス2640円
  • 2019/1月末:マイナス752円
  • 2019/2月末:マイナス405円

スワップの推移

  • 2019/1月:300円
  • 2019/2月:395円

SBIFXトレードの積立FXとは

自動購入により毎日取引する手間を削減!

これなんですですよね、大事なのは。
自動購入で、なおかつ毎日決まった時間にコツコツ買ってくれるというのが大事です。

なぜなら、自分で買い時を決める裁量取引だと、「今は買い時じゃないな」とか「今下がってるから多めに買おう」とか自分の判断によって、自分の決断がにぶります。

自動購入だと自分で判断する必要がありません。

大事なのは「ほったらかし」です。

こういうのを探していました^^

わたしは毎日購入を選びました。

(SBIFXトレード「積立FX」より引用)

ドルコスト平均法で購入平均単価を平準化!

毎月、毎週、毎日購入と選べますが、わたしは究極のドルコスト法である毎日購入で試していきます。

毎月だと全然ドルコスト平均法のメリットを最大限活かせないと思います。

(SBIFXトレード「積立FX」より引用)

積立FXの取り扱い通貨は9種類

わたしの場合は、6種類の通貨を積み立てています。

  • USD(米ドル)
  • GBP(英ポンド)
  • AUD(豪ドル)
  • NZD(NZドル)
  • CAD(カナダドル)
  • CNH(中国人民元)
  • ZAR(南アランド)
  • TRY(トルコリラ)
  • HKD(香港ドル)

積み立てしている通貨と積立金額

わたしは、できるだけリスクを分散するため、下記8通貨を毎月2000円ずつ購入しています。

通貨 購入頻度 レバレッジ 月間購入数量 購入予定時刻
米ドル 毎日 3倍 2000円 毎営業日
11:30
豪ドル
ニュージーランドドル
カナダドル
南アフリカランド 2倍
トルコリラ
人民元
香港ドル

積立の特徴である長期的に保有してスワップポイントをねらう

スワップポイントとは、2国間の金利差のことです。金利の低い日本円と金利の高い他国での金利差でスワップポイント(金利のようなもの)を受け取れます。

どちらかというと、長期積み立ての目的は、このスワップポイントねらいです。下記表を見ると1位はトルコですね。


(SBIFXトレード「積立FX」より引用)

上記は2018年5月での月間スワップポイントランキングです。
スワップポイントは日々変動します。

レバレッジは、1倍・2倍・3倍から選ぶ

長期的な積立のため、相場が急落も十分考えられます。

レバレッジをかけすぎると急落時、せっかく積み立ててきたものがパーになってしまうこともありえます。

わたしは、
米ドル、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルの4通貨はレバレッジ3倍、
南アフリカランド、トルコリラ、人民元、香港ドルの4通貨はレバレッジ2倍にしています。

積立FXは、長期投資向き

数年単位で考えたとき、為替の大きな変動はつきものです。

毎日ドルコスト平均法は、変動幅をできるだけ平準化してくれるので、スワップポイントを取りにいくには最適な方法だと考えています。

おわりに

SBIFXトレードの積立FXをはじめ、約4ヶ月が経ったので記録に残しました。

2月末時点では、マイナスになっています。長期積み立て投資なので、忘れるくらいがちょうどいいと思います。

毎月、節目で記録に残すことで思い出すって感じです。初心者でもうまくいくのか、活きたデータとして参考になればと思います。

これからは、日本円だけを持つというのはリスクが高くなると思っています。リスク分散のためにも、複数通貨を保有するのをおすすめします^^

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*