【結局トクするの?】つみたてNISA、2019年末までの18ヶ月間運用実績をブログで公開

Sponsored Links

2018年7月より、つみたてNISAで積み立てています。18ヶ月が経ちました。

現在は毎日、1日あたり1000円積み立てています。(土日祝除く)

つみたてNISAでの目的は簡単にいうと、
【運用益は非課税にしてあげるから、資産運用してね。】
って国のメッセージなわけです。国に頼らないでねってことです。

節税対策として、「つみたてNISA」、「ふるさと納税」。これはサラリーマンやOLでも十分節税できるのでオススメです。わたしは両方やっています。

2019/12月末までのつみたてNISAの結果

下記3つに分けて表にしました。

  • 5種類のつみたてNISAの損益
  • 各銘柄別の月別つみたて額
  • 各銘柄別の月別基準価額

5種類のつみたてNISAの損益

トータル通算損益+34511円になりました。

現在までのトータルリターンは、+11%です。

米国株が右肩上がりで推移しているため、利益が出ていますが、
ずっと上向きで行くことは考えにくいので積み立て方式は長期で考えると有効だと考えています。

つみたてNISA
(2018/7月〜2019/12月末まで)
評価額 買付累計 評価損益 基準価額
eMAXISバランス
(8資産均等型)
41718 38302 +3416 21491
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
162600 144109 +18491 12047
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
39880 35302 +4578 13335
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
39502 34902 +4600 17646
レオス-ひふみプラス 43727 40301 +3426 40951
合計 327427 292916 +34511

各銘柄別の月別つみたて額

ポートフォリオの約半分が「S&P500」になりました。

つみたてNISA 合計 バランス S&P500 先進国 ニッセイ ひふみ
2018/7月 11200 3900 0 900 500 5900
2018/8月 9200 2300 0 2300 2300 2300
2018/9月 7200 1800 0 1800 1800 1800
2018/10月 10300 2200 1500 2200 2200 2200
2018/11月 12900 2100 4500 2100 2100 2100
2018/12月 13300 1900 5700 1900 1900 1900
2019/1月 13300 1900 5700 1900 1900 1900
2019/2月 14700 1900 7100 1900 1900 1900
2019/3月 18000 2000 10000 2000 2000 2000
2019/4月 19700 1900 11800 2000 2000 2000
2019/5月 19100 2000 11400 1900 1900 1900
2019/6月 20000 2000 12000 2000 2000 2000
2019/7月 22000 2200 13200 2200 2200 2200
2019/8月 21000 2100 12600 2100 2100 2100
2019/9月 19000 1900 11400 1900 1900 1900
2019/10月 21000 2100 12600 2100 2100 2100
2019/11月 19100 1900 11400 1900 1900 2000
2019/12月 21900 2200 13200 2200 2200 2100
合計 292900 38300 144100 35300 34900 40300

各銘柄別の月別基準価額

2018/7月末と、2019/12月末を比較します。

  • eMAXIS8資産均等型は、18552円から21491円へ 14%UP
  • eMAXIS S&P500は、9231円から12047円へ23%UP
  • eMAXIS 先進国株式は、10346円から13335円へ23%UP
  • ニッセイ外国株式は、13695円から17646円へ23%UP
  • ひふみプラスは、33268円から40951円へ19%UP

1年半経って、全銘UPでした。

つみたてNISAの年間投資額はいくらまで?

つみたてNISAの年間投資額は最大40万円までです。月では33333円までになります。
わたしは、月19000円くらいしか投資していません。余裕があるなら月33333円まで使い切りたいところです^^

つみたてNISAとNISAの違いは?

下記表に、つみたてNISAとNISAの違いをまとめました。わたしはつみたてNISAを選択しました。その理由は非課税期間です。

つみたてNISAの最長20年間に対し、NISAはたった5年しか非課税になりません。コレで「NISA」を選択肢から外しました。

結論、長期投資に向いているのは、非課税期間が最長20年間の「つみたてNISA」となります。

つみたてNISA NISA
非課税投資枠 年40万円まで 年120万円まで
月33333円まで
非課税期間 2037年まで 2023年まで
非課税投資総額 最大800万円まで 最大800万円まで

おわりに

今回は、2018/7月から始めて2019/12月末までのつみたてNISA実績を記録に残しました。

1年半経った時点での結果はプラスでしたが、この先もずっとプラスとは限りません。

つみたてNISAは、超長期投資としてほったらかしていきたいです。

レバレッジをかけていないので10-20年とかのスパンで考えると,
なにも心配していません。

まさしくコツコツ積み立てて結果はあまり気にせずいきたいと思います。

> > SBI証券で 口座開設する
(口座を作るのは無料で簡単です)

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*