つみたてNISAに毎日1000円ずつコツコツ積み立て投資したらどうなったか。2019年7月末までの結果!

Sponsored Links

2018年7月より、つみたてNISAで積み立てています。13ヶ月が経ちました。

現在は毎日、1日あたり1000円積み立てています。(土日祝除く)

初めは毎日100円からやっていこうとスタートしたのですが、エスカレートして毎日1000円にまで増えました。

つみたてNISAでの目的は簡単にいうと、
【運用益は非課税にしてあげるから、資産運用してね。】
って国のメッセージなわけです。国に頼らないでねってことです。

節税対策として、「つみたてNISA」、「ふるさと納税」。これはサラリーマンやOLでも十分節税できるのでオススメです。わたしは両方やっています。

やれることはやっちゃおうってことで、こんな時代に乗り遅れないために実践しています。

2019年7月末の結果と感想を書いてみたいと思います^^

2019/7月末までのつみたてNISAの結果

  • 5種類のつみたてNISAの損益
  • 各銘柄別の月別つみたて額
  • 各銘柄別の月別基準価額

に分けて表にしました。

5種類のつみたてNISAの損益

通算損益+9482円になりました。
前月末が+3208円だったので大幅UPになりました。
長期投資に関しては株価が下がったとしてもそれは決して悪いことではなく、
口数が増やせるチャンスタイムです。
2019/7/31時点では、積立額189911円に対して、+9482円です。
「S&P500」をメインに投資しています。全体の約40%です。

つみたてNISA
(2018/7月〜2019/7月末まで)
評価額 買付累計 評価損益 基準価額
eMAXISバランス
8資産均等型)
29246 28001 1245 19979
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
87549 82307 5242 10619
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
26477 25002 1475 11918
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
26100 24601 1499 15770
レオス-ひふみプラス 30021 30000 21 36898
合計 199393 189911 9482

各銘柄別の月別つみたて額

2018/10/11からS&P500を追加し、5銘柄に。
S&P500を毎日100円
→300円(2018/11/14)、
→500円(2019/2/25)
→600円(4/3)に増額。

NISA 合計
2018/7月 11200
2018/8月 9200
2018/9月 7200
2018/10月 10300
2018/11月 12900
2018/12月 13300
2019/1月 13300
2019/2月 14700
2019/3月 18000
2019/4月 16200
2019/5月 19100
2019/6月 20000
2019/7月 24500
合計 189900

各銘柄別の月別基準価額

  • eMAXIS8資産均等型は、19979円から20338円へ先月比 1.7%UP
  • eMAXIS S&P500は、10619円から11088円へ先月比4.4%UP
  • eMAXIS 先進国株式は、11918円から12327円へ先月比3.4%UP
  • ニッセイ外国株式は、15770円から16311円へ先月比3.4%UP
  • ひふみプラスは、36898円から37839円へ先月比2.5%UP

2ヶ月連続、全銘柄先月比UPでした^^

つみたてNISAの年間投資額はいくらまで?

つみたてNISAの年間投資額は最大40万円までです。月では33333円までになります。
わたしは、月19000円くらいしか投資していません。余裕があるなら月33333円まで使い切りたいところです^^

つみたてNISAとNISAの違いは?

下記表に、つみたてNISAとNISAの違いをまとめました。わたしはつみたてNISAを選択しました。その理由は非課税期間です。

つみたてNISAの最長20年間に対し、NISAはたった5年しか非課税になりません。コレで「NISA」を選択肢から外しました。

結論、長期投資に向いているのは、非課税期間が最長20年間の「つみたてNISA」となります。

つみたてNISA NISA
非課税投資枠 年40万円まで 年120万円まで
月33333円まで
非課税期間 2037年まで 2023年まで
非課税投資総額 最大800万円まで 最大800万円まで

おわりに

今回は、2019/7月末までのつみたてNISA実績を記録に残しました。

つみたてNISAは、超長期投資としてほったらかしていきたいです。

レバレッジをかけていないので10-20年とかのスパンで考えると,
なにも心配していません。

まさしくコツコツ積み立てて結果はあまり気にせずいきたいと思います。

SBI証券で 口座開設する
(口座を作るのは無料で簡単です)

SBI証券

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*