ホリエモンチャンネルでビットコインとイーサリアムの違いを説明する動画がかなり分かりやすい。

Sponsored Links

ホリエモンチャンネルを動画で見ました。

今回、堀江さんのビットコインとイーサリアムが将来どのように使われていくかの説明がとても分かりやすく、実は今まで全然理解できてなかったんだなと思いました^^

どっちの値上がりが早いのかだけを見るのではなく、ビットコインとイーサリアムってこういう違いがあるんだっていうのがわかると、通貨の応援度合いが変わります^^

ビットコインとイーサリアムの違いとは

ビットコインは一方通行で、イーサリアムは双方通行というのを聞いてそういうことか!と思いました。

ビットコインは一方通行


お金を送る(支払う)場合、片方のサインで済みます。
例えば小切手とかクレジットカードとかのサインってお金を払う側がしますね。

お金を受け取る側(お店とか)はサインしないです。
つまりお金って片方向のサインで送れるという事なんです。

分かりやすくいうとビットコインはお金を送る専用です。

イーサリアムは双方通行


ではイーサリアムはどうなのか?

契約書を交わす時って双方のサインが必要になりますよね。

例えば不動産の契約とかですね。

このように両方から署名できますっていう様々な双方向の記録をできるようにしたのがイーサリアムなんです。

ビットコインの改良型みたいなものですね。

イーサリアムは世の中の全ての契約書をデジタル化できるんです。

世の中の全ての契約書っていう事は、つまりほぼ全部っていう事です。

法律から選挙から全部動かせるのでこうなります。

イーサリアムってすごいんだ!っていうのが改めて分かりました。

仮想通貨界隈で有名なイケハヤさんもイーサリアム推しです。

私もZaifで毎日積み立てていってます^^

この説明を聞くとイーサリアムの比重を大きくしていくのが正解だなと思います。

ホリエモンチャンネルの動画はこちらです。

話しは国のあり方まで発展していく

国という視点で見ると、ビットコインでお金がひっぺがされました。

で、その次はイーサリアムで契約書です。

韓国は仮想通貨の勢いを止めれないので受け入れた

仮想通貨は、国が邪魔できない仕組みになっているのでこの勢いを止める事はできません。

邪魔できないので韓国はビットコインを受け入れたのです。

韓国は通貨(ウォン)を捨てて(つまりビットコインを受け入れて)国を守った。

しかし国もいずれ無くなるだろうとのことです。

今回(ビットコイン)は通貨ですけど、通貨じゃない部分(契約書)もブロックチェーンに置き換わっていく可能性があります。

時代の流れは急速に変わっていってますね。

ブロックチェーンは国ですら流れを止められないくらい革命的ということです。

小さい国もどんどん動いている

エストニアという小さな国があります。

現在、エストニアの市民権はデジタルで取れるようになっています。

エストニアの市民権を持っているとボタン1つで簡単に会社を作れます。

グローバルな会社を作るんだったらエストニアで作ろうかと将来なるかもしれません。

ベラルーシという国では仮想通貨の事業については非課税になっっています。

法人もブロックチェーン上に作る時代がやってきます。つまり国も法人税が取れないという時代でしょうか。

あとがき

堀江さんは話しが分かりやすく、世界観がとても大きいので聞いているとワクワクしっぱなしです。

とても引き込まれました^^

仮想通貨に関する記事

仮想通貨に関する記事はこちらにも書いてますのでよろしければ一緒に見てください。↓

【仮想通貨】2017年年初にあの銘柄を買っていたら・・・

【仮想通貨】イケハヤさんオススメの草コインを買ってみた

仮想通貨の資産管理アプリcryptofolio(クリプトフォリオ)が便利すぎ!

唯一積立投資ができるZaif

ビットコイン取引高日本一のコインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ユーザー数・資本金No.1のBitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*