ブロッコリーの正しい洗い方!隠れた虫や汚れを取り除く3つの方法とは

Sponsored Links

ここ最近、ブロッコリーを食べる機会が急激に増えました。

1年前からトレーニングジムに行き、筋トレを始めたので高タンパク質の食材を求めるようになりました。

ブロッコリーは緑黄色野菜の中でタンパク質の量が一番多いです。
100gあたりのタンパク質量は4.3g、カロリーは立ったの33kcal。つまり低カロリー、高タンパク質なのです。

筋トレには欠かせないブロッコリーですが、洗い方って他の人はどうしているのかな?と疑問に思いつつも、今まではささっと水洗いしていました。

しかし色々調べると、わいはそんな洗い方を今までやっていたのか…とゾッとしてしまいました。

ブロッコリーの蕾はとても細かく密度が高いのでゴミや中に入ってしまった虫が取れにくくなっています。

そんなブロッコリーの隠れた虫や汚れを取り除く方法についてご紹介したいと思います。

虫や汚れを取り除く3つの方法

1.水を張ったボールの中にブロッコリーを頭から入れて振る

2.新しく水を張ったボールの中にブロッコリーを入れ20分つける

3.重曹を使用してしっかり洗う

ブロッコリーの虫や汚れを取り除く方法として上記の3つの順番で行えばちゃんと取り除けます。

1番の「水を張ったボールの中にブロッコリーを頭から入れて振る」で使った水は、2番に行く前に新しい水に替えた方が尚良いです^^

それでは詳しく見ていきましょう。

1.水を張ったボールの中にブロッコリーを頭から入れて振る

うちでは野菜は野菜専用の洗面器で洗います。大きくて洗いやすいです。
ブロッコリーを頭から入れて洗面器の中でグルグル振ります。
引っかかっていたゴミや虫が取れます。

(すみません、本当は1株丸ごと頭から入れて振るのですが、写真を撮る前にカットしてしまったのでこんな画像になりました)

2.新しく水を張ったボールの中にブロッコリーを入れ20分つける

ブロッコリーを水に入れてみると薄い膜が張ります。これは、ブロッコリーが水分を蒸発するのを守るために油分で自分自身をコーティングしているためです。

20分と言わず時間があればもっと浸からせても良いです。時間を置くとブロッコリーの蕾が開き、中に入っていた虫や汚れが出やすくなります。

食べるサイズにカットしてから浸からせましょう。茎部分の方が重いので蕾部分が水の上に浮き出てしまいます。
なので、私はざるを重りにして蕾部分を浸からせたら良い感じに沈みました。↓

浸けるのは時間が掛かるので、料理の下準備の最初に浸けて放置しておけばいいでしょう。

3.重曹を使用してしっかり洗う


2項で浸けた後、重曹を使用してブロッコリーを洗いましょう。

先ほどの水を入れたボールに小さじ1杯の重曹を入れ混ぜます。

重曹は口に入っても問題ないですが、工業用と食用があるので買うときは注意しましょう。もちろん食用で^^

重曹はホットケーキやパンなど膨らませて作るお菓子にも使用されていますね。

ブロッコリーに農薬は残っているのか?

ブロッコリーに農薬は残っているのでしょうか?残っているとしたら口に入れても大丈夫なレベルなのでしょうか?調べました。

ブロッコリーに限らず、他の野菜でも、農家では収穫間際まで農薬を散布し続けることはありません。

収穫前1週間から数週間くらいで農薬の使用を止め、農薬が十分に危険のないレベルにまで分解されてから収穫をしていますので、流水でしっかりと洗い流してから調理すれば、何も危険はありません。

もちろん「虫や汚れを取り除く3つの方法」に書きました「重曹」で洗えば尚良いです。

農薬は使用方法に関して法律で厳しく制限されていますので、出荷する時に残留農薬が健康に害を及ぼすことのない様に配慮されています。

その配慮というのは、野菜単体の量ではなく、色々な野菜を複合的に摂取しても大丈夫な量に制限されるという範囲です。

最近は便利なモノもある

最近では下記のような野菜に吹きかけて除菌、農薬除去をするモノもあります^^
使い方としては、

  1. 野菜に直接吹きかける
  2. 全体にいきわたるようになじませる
  3. 洗い流す

まとめ

高タンパク質で栄養価の高いブロッコリー。

筋トレには欠かせません。

今まで水でささっと洗ったつもりだった私ですが、知ってしまったらきちんと洗わないと気持ち悪いですね!

重曹は野菜を洗うだけでなく、色々な場面で使えますので私は家に常備しています^^

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*