パスポートが期限切れしていた!更新に必要なものはこの5つです!

Sponsored Links

夏休みに家族で海外旅行に行きたいと思い、パスポートを確認をしていると・・・

子どものパスポートの期限が切れてるっ!!

子どもは大人と違って5年更新なので、期限が切れていることに気づきませんでした。
(20歳未満は5年切替)

いざ更新しようと思うと、何が必要なのか分からず、結構迷ってしまいました。

そこで、次回は同じことで慌てずに済むように、必要な書類などをまとめてみましたから、ぜひご覧ください。

パスポートを更新する時に必要なもの

必要書類は以下になります。

  1. 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
  2. 戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通
  3. 住民票の写し 1通
  4. 写真(縦45mm×横35mm) 1葉
  5. 身元確認書類(運転免許証等)

1.一般旅券発給申請書(10年用又は5年用)

この書類は、都道府県のパスポートセンターと、市区町村の役所に置いてあります。

なので、パスポートセンターでもらって、その場で書くということも出来るのですが、それだと慌ててしまうこともあるでしょう。

そのため近所の役所でもらい、家で記入してからパスポートセンターで申請するほうがスムーズでしょう。

2.戸籍謄本又は抄本

戸籍謄本は、本人以外の戸籍情報も記載されているもので、戸籍抄本は本人の戸籍情報のみが記載されています。

ちなみに同一戸籍内、家族複数人で申請するときはそれこそ戸籍謄本一通あれば全員分申請できます。

戸籍謄本又は抄本は、申請日前6ヵ月以内に発行されたものです。

※最近ではマイナンバーカードがあればコンビニで戸籍謄本を手に入れることができます。
「戸籍謄本 コンビニ」で調べると詳しくでてきます。

3.住民票の写し 

<必要となる方>
(1)住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方

(2)住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方
(この場合、都道府県によっては対応が異なりますので、詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。)

分かりにくいですが、ほとんどの方は住基ネットワークに入ってるので住民票が省略できます。

念のため市役所で一般旅券発給申請書を受け取る時に住民票が必要か聞いてみましょう。

4.写真(縦45mm×横35mm)

縦45mm×横35mmの写真で、
申請日前6ヵ月以内に撮影されたものが1枚必要です。

5.身元確認書類(運転免許証等)

(ア)1点で良い書類(一部省略)
マイナンバーカード(通知カードは不可)、運転免許証、船員手帳など

(イ)2点必要な書類((ア)の書類がない場合)
AとBの各1点、又はAから2点を提示してください。

A

  • 健康保険証
  • 国民健康保険証
  • 共済組合員証
  • 船員保険証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 国民年金証書(手帳)
  • 厚生年金証書
  • 船員保険年金証書
  • 恩給証書
  • 共済年金証書
  • 印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)
B

次の内写真が貼ってあるもの

  • 学生証
  • 会社の身分証明書
  • 公の機関が発行した資格証明書

※写真など細かい注意事項が下記外務省のサイトに記載されてますので載せておきます。↓
パスポートに関する申請手続きに通常必要な書類

※各都道府県のパスポート申請場所が下記に記載されてますのでご自身の場所を確認して見て下さい。↓
各都道府県のパスポート申請場所

パスポートが期限切れしてしまった時の更新の仕方

期限が切れてしまったパスポートは、新規での申請になります。

期限内に更新できなかったので悔しいと思ってたのですが、パスポートに更新というものは実はありません。

更新ではなく、「切替」と言います。

一般旅券発給申請書の表面の目立つところに「新規」・「切替」と記載されています。↓

新規と切替の違いは

新規と切替の違いは、有効期限内(残り1年未満)に申請すれば切替です。

ただ、有効期間内に切替をしても旧パスポートの残りの有効期間は切り捨てになります。

しかもパスポート番号も変わるのであまりメリットを感じません。

それ以外は新規です。

料金に差はなく、申請書類も「新規は戸籍謄本(抄本)が必要です」が、

「切替の方は必要なし」くらいの違いです。

つまり、近々海外に出かける予定がなければ、そのまま期限切れにさせてしまい、海外に行くと決まってから申請(新規)に行っても特に問題ないという事です。

引き伸ばせば、次の期限も遅くできるからです。

Sponsored Links

申請と受取の曜日と時間

多くの都道府県では土日祝は申請ができませんのでご注意ください。

一例として東京都を調べてみました。

東京都の場合

窓口の受付時間

受付時間は、新宿・有楽町・池袋・立川ともに同じです。

申請受付時間
月〜水曜日 : 午前9:00〜午後7:00
木・金曜日  :  午前9:00〜午後5:00
日曜日  :  申請受付業務は行いません。

パスポート受領受付時間
月〜水曜日     : 午前9:00〜午後7:00
木・金・日曜日  :  午前9:00〜午後5:00

ちなみに申請から交付までは約1週間かかります。ギリギリにならないようにしましょう。

パスポートの受け取り手数料はいくら?

下記表の通りです。
10年旅券だと16000円
5年旅券だと11000円(12歳未満は6000円)

パスポートの受取

申請は代理ができましたが、受取は必ず本人です。代理での受け取りができません。

今回、子どものパスポートを申請したのですが、子どもは学校で平日の16:30までというのは厳しかったので私が平日休みの時に申請してきました。

そこで思いもよらないことを言われました。

「顔写真に歯が見えたらダメですよっ!」

そ、そうなんですか。。。

ということですが、子どもだから大丈夫だと言われました。。

大人だったらアウトのようです。写真代の800円がパーになるところでした。

まとめ

申請の流れとしては、

近くの役所で、一般旅券発給申請書をもらい、ついでに住民票が必要なのかを聞く。

役所で戸籍謄本をもらう。
(住民票も必要と言われたらもらう)

家への帰りにパスポート用写真を撮る。

家で一般旅券発給申請書を記入。

5つの必要書類を持ってパスポートセンターへ申請に行く。

いかがでしょうか。

申請と受取の曜日や時間をしっかり調べて、

「あっ! 閉まってる!」 

「あっ! 忘れた!」

ってことのないように気をつけて行きましょう^^

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*