ひふみ投信とひふみプラスの違いについて〜カンブリア宮殿を観て

Sponsored Links

テレビ東京のカンブリア宮殿という番組で、レオスキャピタルワークスの「ひふみ投信」が紹介されていました。

ひふみ投信とは、日本株式を中心に投資を行うアクティブファンドで人気・パフォーマンスともに右肩上がりなファンドです。

ひふみ投信の純資産総額は、2013年121億円→2014年250億円→2015年533億円→2016年1155億円と夢のような倍々で増え続け、日本株ファンド全体で純資産総額の伸び率1位を記録している素晴らしい投信です。

<出典:レオスキャピタルワークスホームページ

ひふみの想い

<出典:レオスキャピタルワークス>
ひふみ投信のホームページには

ためて、ふやして、進化する。
私たちは、お客さまに、お金を”ためて、ふやして”もらいたい。そして、ふやしたお金で夢や目標を達成して、今の自分より”進化”してもらいたいと考えています。

10年、20年と続く資産形成のパートナーとして将来の夢や目標に向けてコツコツがんばるお客さまを応援します。

と想いが記載されています。

社長の藤野氏は、年間100社以上自ら全国行脚し、将来の成長を期待できる中小企業を発掘し、25年間で6000社もの経営者に会ったといい、その中には、当時まだ無名だったユニクロの柳井正氏、ニトリの似鳥昭雄氏もいたといいます。

ひふみ投信とひふみプラスの違い

ひふみ投信には、ひふみプラスという姉妹ファンドがありますが、実績は全く一緒になります。(同じマザーファンドに投資しているため)

購入時の手数料

ひふみ投信は、購入時の手数料は無料で、ひふみプラスは、0~3%です。しかし主なネット証券である楽天証券やSBI証券、マネックス証券などは無料です。
保有中にかかる信託報酬も日本で販売している日本株アクティブファンドの中では低水準となっています。(保有時の信託報酬は、年1.0584%)

最低積み立て額

ひふみ投信は、10000円以上からの積み立てです。
ひふみプラスは、例えばSBI証券なら500円から積み立て可能となります。

ひふみ投信の組み入れ銘柄

ひふみ投信の組み入れ銘柄は頻繁に入れ替わりますが、こちらの運用レポートで確認できます。

どちらを選ぶべきか?

個別に口座開設が必要な点、最低購入額の高さ、あとスポット買いを行う際、ひふみプラスの場合は振り込み手数料がかからない(証券会社によりますが)などを踏まえるとひふみプラスを選択したほうが良いかと思います。

その他、カンブリア宮殿での情報

番組で藤野英人社長がおすすめしていた会社

    WASHハウス
    大塚家具
    薬王堂

YAHOO!ファイナンスで検索してみて下さい。

成長しない会社

    ・社長の自伝を手渡しされる会社→今を生きていない、成長している会社は今やりたいことを語りたいはずである
    ・会社が傘だらけの会社→会社で起こっていることを自分のことと考えていない。
    ・スリッパにはきかえる会社→公私混同している

藤野社長の独自視点が面白いです。

あとがき

ひふみ投信・レオスキャピタルワークスなんて今まで聞いたこともなかったのに、カンブリア宮殿での藤野社長の話しを聞いてとても興味を持ちました。

カンブリア宮殿は本当に勉強になります。

今までのカンブリア宮殿の記事

元ブラック企業から大変身!従業員を大切にする熱い男とは〜カンブリア宮殿

2017.02.15

有機野菜宅配らでぃっしゅぼーやの「10分キット」に感動

2016.07.25

ラーメン日高屋、神田正会長の素晴らしい”人柄”こそ成功の原動力

2014.09.26

レムソンズ、フレッシュネスバーガー、ほっかほっか亭の仕掛け人、栗原幹雄とは

2014.09.14
Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*