フィジー経由ツバルへ新たな旅のはじまり~NZ.vol.59

Sponsored Links

fiji
ニュージーランド 65日目、6月17日
朝6時に起きてコーンフレークを食べ、7時にはYHAを出発。外はまだ暗い。道に迷いながらもArt Centreの日本料理屋yoshiさんの家に到着した。yoshiさんの家は築50年とのことだがとてもキレイで庭には屋台があった。yoshiさん、本当にありがとう!

8時ころクライストチャーチ空港に到着、とりあえず間に合って良かった。2人のバックパックを預ける。しかしミニコンロはやはりダメで渡した。バッグは「NADI(ナンディ)」で受け取る。ナンディは、首都スバ、ラウトカに次ぐフィジー第3の都市である。出国税は25ドル。

8:55 クライストチャーチ→オークランド到着。 オークランドでツバルのチケットをもらった。ナンディ行きのフライトはものすごい人数だった。なんらかの休み期間とかぶったのかもなと推測する。「AIR PACIFIC」は、横に10人座れる大きいサイズ、定刻より45分くらい遅れたが14時に出発。白ワインを飲んだせいか気分も高揚する。

フィジーのナンディに着いたのは17時ころ。外は薄暗くなり、夕日が出ていた。フィジーはオーストラリアの東、ニュージーランドから真っすぐ北の方角に位置する。真冬のNZからは信じられないくらいの「蒸し暑さ」だった。
nadi空港を出るとすぐに「半袖」になった。バンに8人が乗り、20分位で「WEST MOTOR INN」に着いた。とりあえずチェックインをして外で食べるところを探すがなかなか見つからないと思ったがインド料理屋があった。ラム肉のカレー、ダル、ベジタリアンカレー、キャッサバ、ライスとボリュームたっぷりで5.5FJD(フィジードル)はかなり安かった。が、激辛で汗が止まらなかったのでピーチ味のジュースで口の中を中和しておいた。

一旦、宿に戻り「NADI」「SUVA」のバスを予約。(18FJD) 明朝7:45→12:00着の予定。これも安かった。ニュージーランドと比べると何もかも安くホッとする。

実をいうとフィジーは旅行に行きたいと思っていた国の1つだった。今回は経由ということで少ししか滞在できないがいつかゆったりと旅をしたい。

新たな旅が始まると思うと気分がとても高鳴る。未知なるものを体験する。僕はどうやらモノを所有する欲はあまりなく、体験・経験というものにお金を使う方が好きな性格だ。

今、まさに僕は自分にとって最高の体験をしている。

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*