ニュージーランド自転車一周★53~Franz Josef GRACIER to OKARITO

Sponsored Links

ニュージーランド 53日目、6月5日

トーストとコーヒーで朝食を終え、YHAのスタッフがOKARITO YHAに予約を入れてくれた。最後までとても親切にしてくれた。

miyaさんと会ってインターネットカフェへ行き、ツバルについて調べることにした。人口は約1万人、ツバル語と英語を話すようだ。場所はこのあたり↓行き方はどうやって行くんやろう・・
ツバル2

ツバルというこの国名には8つの島の人達が協力して国を作っていこうという意味が込められており、現地語でtuは「立ち上がる」、valuは「8」の意味である。これは、1978年にイギリスから独立した時にツバルで人が住める島が8つだったことに由来する。(wikipediaから引用)

miyaさんは、FOX GRACIERのヘリハイク($215)を本日決行するとのことで嬉しそう!FOXの方角晴れてていいかも!

僕はというと、10時にFranz Josef GRACIERを出発!(素晴らしい氷河を見せてくれてありがとう!)  天気もいいし、気分よく「OKARITO」

okarito
ずっと6号線沿いを走っていたが「OKARITO」に寄るためタスマン海側まで行った。とても平坦な道で順調に走った。
IMG_0571と思ったがオカリトユースホステルに着くちょっと前で後輪がパンク!そして修理中にドイツ人サイクリストに抜かれた・・・IMG_0574↑ とても可愛らしいルックスのYHA。YHAはなんと無人でお金は箱の中に入れる仕組みだ。昼食は3分パスタ&トースト・コーヒー。疲れMAXの時はなんでも最高に味わえる!さっき、追い抜かれたドイツ人サイクリストもやはり同じ宿だった。
IMG_0575天気が良いし時間もまだ早いのですぐトレッキングに出発する。片道5kmも来た道を走り「Pakihi Walk」へ。pakihi自転車はダメということで入り口に置いていった。30分リターンとなってたが、実際15分くらいだった、景色は特別でもなかったので次に「TRIG walk」へ。IMG_0582こちらは1時間半とあるが、片道25分くらいだった。山を登ったビューポイントからラグーンを撮った写真。↑ 疲れた身体を踏ん張って来て良かった。  しばらくゆっくりしていた。
IMG_0579
マウントクック、マウントタスマンが雲に隠れているので日記を書きながら待っている・・・
IMG_0586 ↑ けっこうクリアになってきた!!マウントクックかなりの迫力!! YHAへ戻る。
IMG_0588↑YHAに戻ってからタスマン海へ夕日を見に行った。なんとキレイな夕日だろう! それにしてもサンドフライという小さい虫が多すぎる。
IMG_0589オカリトYHAは、100年くらい前学校だったのを改築したそうだ、すごく小さい。キッチン側は3段ベットが2つ。裏側は2段ベットが3つ。最大12人宿泊できる。オーナーは近くに住んでいるそうだ。シャワーがキャンプ場にありしかも3分50セントというのが減点・・・宿泊は15$NZだった。

泊まっているのはドイツ人サイクリスト2人と、車で来たどこかのカップル2人と僕の計5人。ドイツ人サイクリストはすごい!なんと自転車でドイツから中東のレバノンかシリア辺りまで来たが、イラク戦争のため中断しニュージーランド南島1周中という事!中東では一般家庭を訪ねれば快く泊めさせてくれるそうだ。道路が悪く、1日に800m登ったことがあるらしい。バスにもタダで自転車を乗せれるそうだ。

ニュージーランドに来てクライストチャーチで50ドルで自転車を買ったらしい!2000km走ってパンクはたったの2回!(僕はすでに15回くらい・・・)そのうちの1回はポッサムの死体を踏んだら骨が突き刺さったとか・・・僕の自転車は「軽すぎる」と言われた。
IMG_0591話しの全てがすごすぎてとてもワクワクしてきた。明日、僕のスポークをチェックしてくれるって!嬉しい、とても優しい人たちだ。

そしてあのアメリカ人ストロングチャリダーがYHAに来た!近くのカヤックセンターで3日泊まってコンピューターの何かをしてると言ってたがよく分からなかった。ドイツ人とも2か月前に会ってからオマル・プカキなどすでに4,5回再会してるらしい・・・

旅って面白いなぁ!

毎日の出会いに感謝!!

本日のルート「Franz Josef GRACIER」~「OKARITO」
本日43km
通算1977km

ニュージーランド旅行 / 冒険をしようと思った動機

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*