Amazonが次世代郵便ポストQualを販売!日本郵便とナスタが共同開発

Sponsored Links

Amazon、再配達減らす次世代郵便ポストを販売 日本郵便とナスタが共同開発!

ワールドビジネスサテライトの特集で見ました。 

「amazonをはじめメール便の再配達を減らす次世代ポスト~」

そんな次世代ポストがどれほど私たちに便利になるのかをお話ししていきたいと思います。

今の時代はamazonや、楽天などインターネットでの通販サイトが盛況ですね。

しかし、「お客のポスト口に発送されるメール便の約65%もポストに入らない」という現実

やはりこういう「ちょっとした困ったこと」が「改善」の宝庫なんですね!
新しいものの生みの親は日々日常の困ったことなんですよね。

私はインターネットで本をよく買います。本はもっぱら中古本です。中古本はだいたい「ネットオフ」で買います。↓

ネットオフは中古の値段なのにものすごく綺麗だからです。なかには新品も入ってる時もあります。もちろんメール便で届きます。

私のマンションには不在時の宅配ボックスがあるので大丈夫なのですが宅配ボックスが無いマンション、アパート、一軒家は不在時、玄関ポストに入らない場合、宅配業者の不在票が入ってしまいます。

なぜ、、、メール便なのに、、、メールボックスに入らないの。。。ってなります。

再配達で呼ぶと2時間拘束されるという不便

不在票で宅配業者を呼んでも2時間くらいの幅があるため、その間はトイレやお風呂に入りたくてもその間に来たらと思うと入れません。
そんな不便な時代にこのニュースは「なるほど、いいね」と思いました。

私としてはamazon側がもうちょい小さいメール便用ダンボールを開発した方が、、、と思いますが素人には分からない理由があるのでしょう。

ヤマト運輸など宅配業者にとって、この次世代郵便ポストQualの登場は嬉しくてたまらないでしょう。

そんな今、ナスタという会社がアマゾンのメール便がすっきり入ってしまうちょうどいいポストを開発し発売しました。

次世代郵便ポストQualの登場

ポストというのは家を買うときなどしか買うものではないので中々すぐに普及するというものではないかもしれませんが、これから家を購入予定の人などは頭に入れておいた方がいいニュースですね。

これだったら留守がちな人が再配達の電話をし、その時間帯はずっと家にいなければいけないというストレスから解放されるでしょう。
これってけっこう革命的だと思うのですがどうでしょう♪

ナスタの「戸建て住宅用ポスト」”Qual”はこちらで見つけました。↓

追記

宅配効率向上のため政府が宅配ボックスに補助金を出すことを決定しました。 

これにより再配達が減少すれば、購入客が時間に縛られない → 運送会社のガソリン代が減る → 渋滞も減る → みんなWinWinになるという可能性が生まれます。 宅配効率のため政府が宅配ボックスに補助金を・・
という記事も合わせて書いたので参考にどうぞ。

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*