楽天「Edy-Rポイントカード」で街でも楽天ポイントが使える

Sponsored Links

みなさんは「楽天」を利用したことありますか?
私は「楽天市場」をけっこう利用します。
スムージーを買ったり、お肉を買ったり、お米を買ったり。
日用品や家電などの安いものを「楽天市場」で買うお得意様になっています。
クレジットカードの「楽天カード」もよく利用します。
自宅の電気代、水道代、生命保険代など出来るだけ楽天カードで利用するようにしています。
楽天カードだと100円で1ポイント付与されますので電気代など固定費は少しでもポイントに変換できるようにします。

その楽天ポイントが10月1日より街に持ち出せる!んですね。楽天が共通ポイントカードに参入したということです。
楽天
街の買い物でも楽天ポイントを使ったり貯めたりできることになりました。
今まで期間限定ポイントが「9月末までで失効します」というときに無理やり買い物することもありましたが、これからはコンビニなどでも使えるのでポイント失効が少なくなりそうです。
楽天ひいきの私としては是非とも活用していきたいと思います。
楽天、三木谷社長は「ネット以外に実際の店舗で使えるポイントカードを利用する人が多いことから、こうした人たちの期待に応えていきたい」と答えました。
ちなみに楽天会員は約9400万人いるそうなので、ローソンなどの「PONTAカード」、TSUTAYAなどの「Tカード」などの共通ポイントカードの大きなライバルになることでしょう。
Pontaカード会員は約6500万人、Tカードは約5000万人というから規模の大きい分野です。
Rポイントカードの加盟店もこれからどんどん増えるんです。
楽天提携
楽天市場や楽天カードを利用される方なら「Rスーパーポイントカード」を持って今以上に便利な活用をすることをおすすめします。
店によってPONTAカード、Tカード、楽天Rポイントカードと使い分けれれば、今まで以上に「オトク」になれそうですね。

Sponsored Links

関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*